発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

「おひとりさま」の魅力 孤独な発達障害当事者の視点から

更新日:

近年では、たった一人で過ごす人のことを、「友達も彼氏もいない、寂しい人」と悪く思う人は少なくなってきたそうです。

 

付き合いづらい発達障害当事者は、孤独です。ですが、孤独を逆手にとって、趣味を楽しむ人を「おひとりさま」と呼ぶそうです。

 

 

それでも、ひとりでいることが不安という人もいるでしょう。援助が必要な当事者は、困難であれば付き添いが必要になります。

 

 

おひとりさまには、とてもたくさんの魅力があり、それを知らずに過ごすのは「もったいないこと」だそうです。

 

 

今日は、「おひとりさま」の魅力についてお話しようと思います。

 

 

おいしい食事をゆっくり楽しめる

 

ひとりで食事をする、ましてや外食するなんて寂しいと思っていませんか?

 

 

ひとりだからこそ、相手に合わせる必要がなく、ゆっくりと食事に向き合うことができます。

 

 

メニューを決めるタイミングを、合わせる必要がありません。とことん悩むことができます。

 

 

相手のボリュームや予算感に合わせることもありません。気兼ねせずにアルコールを選ぶこともできます。

 

 

誰かと食事をするときには、つい会話を優先させてしまうもの。ですが、静かに食事を味わうことで、繊細な味付けや素材の良し悪しを堪能することができます。

 

 

きっと、食事後の満足度は大きいはずです。これは、おひとりさまでなければ、楽しむことができない経験だと思います。

 

 

レジャーも「おひとりさま」で

 

旅行やレジャーランドなどに、おひとりさまで行く人が増えました。

 

 

ひとりで行きたいと言う希望者は多く、旅行会社ではパックやツアーを組むこともあるそうです。

 

 

ひとりでじっくり写真撮影をしたり、景色を眺めて心ゆくまで楽しめます。お土産は誰かを待たせず、お店をハシゴすることができます。

 

 

東京ディズニーリゾートでは、「シングルライダー」が人気だそうです。

 

 

レジャーランドの乗り物では、ひとり席が余ることもよくあるみたいです。

 

 

人気のアトラクションにもすぐに乗れてしまうため、おひとりさまの来場者も意外と多いのだとか。

 

 

既婚者や恋人アリでもおひとりさま?

 

パートナーがいても、あえておひとりさまで行動する人は、増えているようです。

 

 

お互いに束縛せず、自分の時間を自由に過ごすことで、より良い関係を過ごせるというカップルもいます。

 

 

何でも依存してくる女子より、ひとりで過ごす楽しさを分かってくれる女性のほうが好み、という男性が増えてきています。

 

「おひとりさま」の魅力 挿絵

 

 

調べてみると、ひとりで行動する人は、思いのほか増えてきている傾向にあります。

 

 

「おひとりさま」は決して孤独な人ではなく、「自由を満喫できる大人」なのだそうです。

 

 

多様性が求められる時代だからこそ、皆に合わせる必要はありません。

 

 

おひとりさまの魅力について、発達障害当事者の視点から綴ってみました。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.