発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

発達障害当事者は美容院が苦手な理由

投稿日:

この間、美容院へ行ってきました。

発達障害を抱える人の多くが、美容院が苦手だと話します。

 
定形発達の人からすると理解するのが難しいことですが、これには「感覚過敏」という目には見えない症状によって起こります。

 

 

今日は、感覚過敏が起こる理由と併せて、発達障害者が美容院が苦手な理由について、お話しようと思います。

発達障害と感覚過敏

発達障害の人が美容院が苦手な理由は、「感覚過敏」によるものです。
まずは、この「感覚過敏とはいったい何なのか」を先にお話しますね。

 

 

ADHDやASD自閉スペクトラム症・LDといった発達障害を抱える人の多くが、感覚が過敏すぎて日常生活に支障が出る「感覚過敏」に悩んでいます。

 

 

発達障害によって、なぜ生活に支障を来すのかと言うと、障害による特性によって、脳で様々なことの優先順位を付けることが難しい状態であるのが最大の理由です。

 

 

≪定形発達の人の優先順位の一例≫
1. 後ろから自転車が近づいてくる音がしているから気を付けよう
2. 前から犬を連れた人が歩いてくるから、右側を歩こう
3. もう少しで信号があるから、渡ってコンビニに寄ろう
4. 今日は天気が良い散歩日和だな

 

 

 

上記の一例は、目で見たものや音で聞いたもの・肌で感じたこと等の情報から優先順位ごとに番号をつけた一例です。

 
定形発達の人は、このように必要な情報を脳に取り入れて、自然と重要度別に優先順位を付けて、なおかつ不要な情報は排除することが可能です。そうすることで、日常生活を問題なく過ごすことができます。

 

 

発達障害の人は、これら優先順位の重要度がすべて1です。

 
つまり、情報は脳に全て取り入れることができますが、その情報が必要なのか不要なのか、何が重要で何が重要ではないのか判断することが難しいため、後方から迫る自転車に気づかず接触してしまったり、自分がどこに行こうか決めていたはずなのに、気づけば予定していた店に行きそびれてしまうのです。

 

 

感覚過敏は情報の優先順位を上手に付けられないから起こる

視覚・聴覚・嗅覚・触覚で感じた情報は、私たちが気づいていないだけでその数は膨大です。

 
定形発達の人は、これらの情報を上手く仕分けして、不要な情報を排除して必要な情報を必要な量だけ取り込むことが可能です。

 
しかし、発達障害の人は、全ての情報を最優先の情報として取り込んでしまうため、感覚過敏に悩んでしまう人が多いのです。

 

 

例えば、人混みのザワザワとした音。

 
この音には、店舗でかかるBGMや人の話し声などが含まれており、定形発達の人はそこまで気にならない方が多いでしょう。

 
しかし、発達障害の人はBGMや話し声などの関係のない音が、まるで耳元から聞こえるかのように聞こえてしまうことがあります。

 

 

発達障害者が美容院が苦手な理由

美容院の記事で使う

さて、これまで感覚過敏についてお話してきましたが、美容院ではどのような場面で発達障害者の人が苦痛を感じるのでしょうか?

 

 

≪美容院で行うこと一覧≫
・美容師によるヘアカット

・美容師によるシャンプー

・美容師との他愛のない会話

・ 同じ場所に長時間座り続けなければならない 等

 

 

感覚過敏のある発達障害当事者は、これらのことがすべて苦手です。

 
人とのコミュニケーションを取ることが難しい発達障害の人は、今日初めて会った美容師と他愛の会話をするのがとても苦手です。

 
また、他人に触られること自体が苦手という人も多く、ヘアカットやシャンプー・ドライヤーという一連の流れで、長時間髪の毛を触られるのは苦痛なのです。

 

 

感覚過敏の人が美容院を利用するためには

美容院で設定されている施術の価格は、サービス内容と比例します。

 
カット4,000円の美容院では、丁寧に客の髪質や見ながらスタイリングを相談し、シャンプー・カット・ドライヤーと、1~2時間かけて行います。

時間を長くかけるからこそ、美容師は間を繋ぐため、客と会話したがるのです。

 

 

そのため、美容院が苦手な発達障害の人は、施術の価格が高い美容院ではなく、価格の安い美容院に行くのがおすすめです。

 
シャンプーを行わず、客の希望通りに手早くカットする1,000円カットは、30分程度で終わります。

 
また、美容室でカットするのが難しい障害者や高齢者のために、自宅に来てカットを行う訪問美容院もあるそうです。

 

 

まとめ

発達障害の人が美容院が苦手なのは、感覚過敏によるものです。

 

 

カットだけで4,000円程度する美容院は、丁寧に施術を行うため、美容師との会話も必要になる以外に、体に触れられる時間も、拘束される時間も長くなります。

 
そこで、1,000円カットなど短時間で終えることができる価格の安い美容院がおすすめです。

 
感覚過敏で美容院に行きたいけど行けない人は、価格の安い美容院を利用してみてはいかがでしょうか。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.