発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

発達障害 将来どうなる?「大丈夫」が見えない

投稿日:

いつも来てくださる皆様、今日も読んでくださりありがとうございます。

ん゛んああああああああぁぁぁ…

すみません。スマホでは装飾がやりづらい。首がこる。

パソコンが手元にあれば、スムーズにブログ更新できるわな…。

 

 

今ね、オカンとオトンのいる実家に引っ越して来たんだ。

精神的パニックに陥って、OD(オーバードーズ)しました。

死のうとしたんだ。長年、うつ症状と付き合って、もう手遅れだと感じたの。

発達障害者の自分に未来はないと感じて。元気を出して生きるのに疲れたんだ。

 

 

よく「発達障害は個性だ」とか「みんな違ってみんないい」と聞くけど、一生食べていける金があれば、個性で通るよ。

 

人は自分のことさえ理解できているとは限らないのに、他人のことなど理解できるわけがない。

 

平和な世界になるには、互いに理解不能と干渉せず、金で自由に生きていくこと。理想の社会だ。
white and gray bird standing on seaside

 

金があれば障害は「個性」だ。金があればね。

 

話が飛んだね。ごめんね。

精神科で処方された薬、睡眠薬、訳の分からん市販の薬を大量に混ぜて流し込んだ。

悲しくもなかった。涙も出なかった。

遺言書に「延命治療は望みません。」と書き残した。

発達障害による生きづらさから解放される。十分生きた。やっと死ねると微笑が浮かんだ。

 

 

…気がついた。気がついてしまった。見上げたら病院の天井だった。

実家から駆けつけた家族の姿が見えた。

後から気がついたんだけど、臨終病棟だった。

 

 

え…誰が見つけて救急車呼んだの?

ドタバタ音が近隣住民に聞こえて、運悪く見つかってしまったのね。

 

 

あれから自分はどうなっていたか、家族によると、急性薬物中毒で暴れていたらしい。

目はぐるぐる回り、支離滅裂な言動。救急隊員や看護師は、体を取り押さえるのに大変だったと言う。

様子を見ていた他の患者からは「やばかった。」と。

体中ありとあらゆる管を取り付けて、胃洗浄をしたらしい。

体は動けないように、ベルトで固定されていました。

 

 

自殺に失敗して、ぽっかり穴が空いた。

死ねなかった。死ねなかった。

意思表示を無視された。無理やり蘇生させられた。

もう少しで死ねたのに。残念でした。

 

 

来てくれた家族は、あえて何も言いませんでした。叱責は慎もうとの厚意だった。

私も、当時は喋ることすらままらない状態でした。

「管を外すのはやめなさい。」と、手をパチンと叩かれたことぐらいしか記憶にありません。

 

入院生活が始まった。棺桶退院を覚悟した。

臨終病棟の看護師というのは、デリカシーを欠く粗野な人間達でした。

 

「ユリさん(実際は本名)はまだこの病棟にいるんですかぁ〜?」

 

何かにつけて私に「おかしい」だの、「気持ち悪い」だの。それでも看護師ですかと医療従事者らしからぬ発言が目立った。

 

客観的に見れば、直に死ぬ患者に情を注いでいては、時間とエネルギーの無駄だからね。ストレスのはけ口だったのだろう。

 

(退院日、ベッドの手すりに「看護師つらかったら辞めてもいいんだよ」と書き残してあげた。)

 

意識が遠のいてきた。

しばらくして、熱が出た。息苦しい。食事もろくに取れない。

見回りに来ていた医師に、胸の内を話した。

 

「十分生きたので、延命治療を止めてください。」

「安楽死を希望します。」

 

すると医師は

 

「私達は人を助けるのが仕事なので、そのような願いは聞き入れられません。」

「気を楽にして、治療に望んでください。」

 

と励まされた。

 

自力で外した点滴や管は、外れないようにテープで強く固定されました。

 

 

こんな私の姿を、海外の医師が見たら何と言うだろう?

 

日本は人口減少を防ぐために人を生かす。外国人を受け入れればいいものを、未だ純血主義を貫くのか。衰退すればよろしい。

 

翌朝、ローテーションで変わった別の看護師が驚いていた。

点滴を射している私の腕が、パンパンに膨れ上がっていた。

腕の付け根から指先まで、液漏れしたらしい。

前日の看護師達に問いかけたところ、「ユリさん(実際は本名)が自分でやった。知らない。」と返答。

点滴を射す部位を故意に間違えたそうだ。この時点で初めて、自分が嫌がらせを受けていたことに気づいた。

 

詫びに来てくれた医師と婦長の方に聞いてみた。

 

「発達障害者はやはり、生理的に受けつけませんか?」

 

医師は「いえいえそんなことないです。」と答えながらも、婦長に弁明を求める。気まずい空気と沈黙は続く。

 

婦長さんは早急に点滴を外して、ただれた皮膚に薬を塗り、包帯を巻いてくれました。

ありがとうございました。

 

次の日、病室が変わることになりました。

婦長さんのご厚意に感謝です。

日当たりのいい女性病棟でした。

担当の看護師の方達は、婦長から事前に話を聞いていたそうで、

「何かあったらすぐに知らせるんだよ!」

と、手を握ってくれました。

何と頼もしいことか。彼女達こそ、真の看護師の姿だ。退院日に会えなかったのが心残りです。

 

 

その後は意識も正常に戻り、今後についてどう過ごすか、救急外来と精神科の先生と話をしました。

大量服用した薬は致死量を超えていたこと、自殺の動機、過去の生い立ちについて話しました。

そして今後、薬を大量服用しないことを前提に、衝動を抑える頓服と軽めの睡眠導入剤を処方してくれました。

見舞いに来てくれた家族からは

 

「ご先祖様があなたに生きなさいと言って、守ってくれたんだよ。」

「実家に帰っておいで。」

 

と言ってくれました。

 

そして、実家への引っ越しが決まり、入院して5日後に退院しました。

 

ざっとこんな感じです。ブログ、ただいま。

毎日、風呂に入って体を洗えること、静かに眠れる床があること、好きなものを食べられることが、どんなにありがたいことか。

当たり前の幸せが身に染みました。

 

現在は、用のない限り外出を控えて、家の手伝いをしながら1日を過ごしています。

 

薬は両親に預かってもらっています。希死念慮が完全に払拭しきれるまで、長い年月がかかりますが、とりあえず散歩をしています。

 

心地よい疲れが、雑念を排除してくれるそうだ。

 

発達障害 将来どうなる?大丈夫が見えない

 

そうだ。うつを和らげる「セロトニン」という物資は、ほとんどが腸で生成されるそうだよ。

「第2の脳」と呼ばれる腸内環境を整えるといいらしい。

発達障害でも、二次障害のうつ症状が和らげば、少しは生きやすくなるかも。

 

本音は早死したい

遅くとも30歳までには、終いにしたい。

年老いてまで長生きしたいとは思わない。

「完全自殺マニュアル」という本を読んだことがある。

ただ、著者いわく、綺麗な死に方はないそうだ。

 

 

最期は人間らしく笑って、眠るように死にたい。

発達障害者は、将来どうなるんだろう?

当事者は就職しても、その大半は一年以内で辞めるのが現状だ。

親より短命と聞くけど、先に逝けるのだろうか?

 

「大丈夫」って見えないね。

「無邪気」ってどうしたらできるんだろうね。

「楽しい」って何?「気軽に」ってどうやるんだろう?

生かされている喜びが感じられない。

目の前のことに淡々と取り組み、今日も歩く。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

自己資産のこのブログは、大切にします。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.