発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

発達障害・社会不適合者の幸せ その2 英文にしてみました

投稿日:

Happiness of people with developmental disabilities and social incompatibilities
Updated: September 28, 2018

Today, I was looking at the past free blog after a long time.
There was me who has no cover for my heart.
I am going to rewrite the article which had the most page views.

 

Happiness of the disabled

I would be so happy if I were told I did not have much time left.

Most people will be shocked.

It would give me the way to be free from the burden who is forced to live.

I could be bright and smile like B.M, who chose to receive a mercy killing in America. Strangely, I feel calm. I am happy when I think about it.

I look forward to the day I fall asleep.

It seems like abuse to force my life by soaking me with medicine.

I have no choice but it makes me live specially. It wears me out even today and I endure it.

I has a glum face who do not want to get involved with anyone.

How long should I keep thinking positively? How long should I endure it? Do you want to cling to "life"?

I cannot enjoy anything anymore. I cannot laugh anymore. It looks like a creature wearing only human skin.

Can you give me a mercy killing to reduce the burden on myself and society?

Stop superficial statement and watch your steps.

Please limit welfare for the disabled to "physical disability" only. It is too late in Japan for developmental disorder, intellectual disability and mental disorder.

A strange voice is a cry of a person who has difficulties to live. Please cut it off. Let me relax. Let me make my dreams come true.

Please build peace and tranquility for healthy people on the corpses of the dead.

I lived enough. More than enough.

 

・原文
発達障害・社会不適合者の幸せ

更新日:2018年9月28日

今日、久し振りに過去の無料ブログを見ていました。
心の蓋を外したありのままの自分がいました。
PVが最も多かった記事をリライトしようと思います。

 

障害者の幸せ

余命宣告されたら、この上ない幸せです。

大抵の方はショックを受けるでしょう。

生きにくさを強いられた当事者にとっては、重荷から開放される道をつけてくださった。

アメリカでアンラクシを選んだB・Mさんのように、吹っ切れたように明るく、笑顔になれそう。不思議と心が落ち着く。それを思えば幸せです。

眠りにつく日を、首を長くして待ち望む。

薬浸りで無理矢理生かすのは、虐待に思える。

仕方なく特別に生かされて、今日もすり減り持ち堪える。

誰も関わりたくないと仏頂面。

いつまでポジティブ思考を保てばいいんだろう?いつまで耐えればいい?そうまでして「生」にしがみつきたいのか?

何も楽しめなくなった。笑えなくなった。人間の皮だけ被った生物みたい。

自分と社会の負担を減らすためにシナセテくれませんか。

綺麗事はやめて足元を見てください。

障害者福祉は、「身体障害」だけの枠にしてください。発達・知的・精神は、日本では手遅れです。

奇声は生きにくさの叫び。どうか切り捨ててください。アンラクシさせてください。本懐を遂げさせてください。

切り捨てた当事者達の屍の上に、健常者の泰平を築いてください。

十分生きた。もう十分生きたから。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.