発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

発達障害と家族 欠陥?不良品?訳アリって何だろう?

更新日:

いつも来てくださる皆様、今日もありがとうございます。

ODの自殺に失敗してから、記事を綴れる日が限られてきました。すみません。

この間の出来事

発達障害のある子の父親だろうか?妹さんと通話で、子育ての悩み相談をしている様子だった。

 

妹さんは
「お兄ちゃんは趣味に没頭してるから、育て方が手抜きなんじゃないの?」
と答えた。

 

すると男性は
「お前は障害のない優良児3人に恵まれて、障害児を抱える俺の苦労なんて想像もつかないだろうな。」
と、ガシャリ。電話を切った。

 

しばらく経って、妹さんから謝ってきたらしい。

 

 

子を授かる親御さんなら誰しも
「健全な子で良かった」
「障害なく生まれてきてくれてありがとう」と喜ぶ。

 

 

待望の我が子が両親の望む「優良児」でなかったら、私は潔く死なせてやりたい。
無理やり生かすことが虐待に思えるからだ。が、安楽死は日本の法律で禁じられている。

 

 

人はお年寄りになるまで生かされないといけないのか?
自分で死期を決めてはいけないのだろうか?

 

もし、自分が障害児でなかったら、どんな世界が見えていただろう?

 

発達障害 スカッとする話題

当事者を悪く思っても、口に出さないように気をつけようね☆

スカッとした。釘を刺しました。

 

短所ばかり目につくのはなぜか?ドーナツの欠けた心理について、まとめてみました。

ドーナツの欠けた心理 短所だらけで疲れる発達障害

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.