発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

家族の輪にいても孤独を感じる 発達障害と兄弟姉妹

投稿日:

「自殺のために買った薬品代、どんだけ金がかかったと思ってんだ?」

「オムツ履いて惨めな思いしたくなかったら、もうODするなよ。」

自殺に失敗した私に、自閉症のきょうだいが述べた感想です。

正直ですね。

ごめんよ。ごめんよ。

やはり私は、自閉症の「きょうだい」が好きになれません。

「嫌い」って言ってるわけじゃないでね。

私の部屋に鍵を付けてもらったのも、プライバシーのため。

ノックをせずに異性の部屋に入る癖を、矯正するためにね。

兄弟姉妹だからって、全て許されるわけじゃないでね。体を触るのは無論のこと。

この間、きょうだいの奇声がしつこかったので、耳を引っ張り、痛みによる教訓としました。

荒療治ならぬ荒療育です。

ははっ。何マジになってんだよ。

 

 

あれは確か、私が学生の頃でした。

病院で「新しい診察券を作るので、生年月日から教えてください。」と、受付の看護師さんは「昭和」と書き始めた。

私は急いで「すみません、平成生まれなんです。」と答えた。

6歳老けて見られたわ(笑)

 

 

障害児がいる兄弟姉妹は早熟で、しっかり者の子が多いみたい。

箸が転んでもおかしい年頃を、スルーするそうな。

そう言われてみれば、小学生の頃、クラスにもいたなぁ。Mちゃん。

Mちゃんには上に、知的障害をもつお兄さんがいました。

Mちゃんはサバサバした性格で、先生方と対等に話をする子だった。あだ名は「おばあちゃん」。(ひどい)

皆の母親的存在だった。当時の私とも仲良くしてくれた。ありがとう。

 

家族の輪にいても孤独を感じる 発達障害と兄弟姉妹 傘

 

つい最近まで、弟の事故死がきっかけで、医者を目指す自閉症の主人公を描いた海外ドラマを見ていました。

が、後半から次第に録画するのをやめていました。

美化されていて、納得のいかない点が多かったからです。

弟は生前に、主人公の兄に「お兄ちゃんは僕にとって、自慢の最高のお兄ちゃんだ!」と言ってました。

私は…弟みたいにはなれなんだ。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.