発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

もしも、日本が銃の所持が可能な国だったら? 発達障害をもつ私がふと思った疑問

投稿日:

SNSで「警察おちょくり動画」を投稿するのが流行っているらしい。

「助けて」の裏返しなんだね。家庭や職場でうまくいってないんだね。

つらかったら、死んでもいいんだよ。仕事、辞めてもいいんだよ。そうまでして「生きろ」とは言いたくありません。

お巡りさんは射殺してはくれません。

もしも、日本が銃の所持が可能な国だったら、社会はどうなるでしょうか?
私達の生活は、これまでとどう変わってしまうのでしょうか?

 

 

無論空想の話でしょうし、まったく想像が及ばない社会になりそうですが、1つ確信を持って言えるのは、

「誰もが銃を持てる国には、絶対になってほしくない。」

ということ。

 

 

いつでも どこでも 誰もが…

 

銃を所持・携帯している日本に、明るい未来を想像することはできません。
もし、「日本が銃を所持できる国になったらどうなるか?」を、ここで空想してみたいと思います。

 

 

あえて問う、銃を所持するメリットは何だ?

仮に、誰もが銃を所持できたとして、そのメリットを考えてみましょう。

 

 

銃を所持する最も大きなメリットは、「強力な自衛手段になること」だと思います。

 
これまで以上に自分で自分の身を守ることができるようになり、

「もし銃があったら防げたのに…」

という犯罪は、目に見えて減っていくでしょう。

 

 

しかし同時に、

「もし銃がなければ、こんな大惨事にはならなかったのに…」

という犯罪も、これまで以上に増えていくと想像できます。

 

 

誰もが銃を持てる社会とは「被害者も加害者も平等に銃を持つ権利を与えられている」ということ。

 
仮に、資格制度や免許制度を設けたとしても、警察や猟師といった銃を扱うプロではないのだから、

「犯罪に使おう」

と思うばかりか、本当に犯罪を犯してしまう人がいても、何の不思議もありません。

銃で自衛して守れる命より、銃で殺される命のほうが、明らかに多くなるに違いないでしょう。

 

 

銃には「娯楽」としての側面もあるが…

 

「もしも」ストーリー 日本が銃の所持が可能な国だったら?
自衛以外に、銃は「ストレス解消」の道具にも使うことができます。

 

 

今の日本でも、

・銃を使った「スポーツ」
・「狩猟」や「サバゲ―」のような趣味・娯楽

もあり、正式な許可を得られれば、本物の銃を撃つことができます。

 

 

しかしこれは、

・訓練を受けたプロ
・使い方を限定することで銃の所持を許された人

などに限られます。

 

 

もし日本が、

「これから誰でも銃を持てます。使用上の注意をよく読み、正しくお使いください。」

となって、全員が全員、正しく使えるはずがありません。

 

 

「ストレス解消」ができるかという点で言えば、ストレスが今現在より減るはずがありません。
ストレス解消どころか、銃の所持そのものがストレスとなるでしょう。

 

 

海外における実際のデータからも、明らかです。

2015年のアメリカでは、銃による自殺件数が、銃による殺人件数の2倍近くになっているそうです。
そして、その割合は今も増加中だそうです。

 

 

自殺大国日本で銃の所持が可能になった場合、

・殺人事件が減る
・自殺件数が減る

という想像は、どう考えてもできません。

 

 

さらに、米疾病対策センターによると、銃による自殺は、アメリカ国内の自殺件数の半数近くを占めています。
また、銃の所有率が高い州では、男女を問わず自殺率が高いことも確認されていると聞きます。

 

 

「所有率と自殺率が比例している」ことから考えても、日本で銃の所持が可能になったら、間違いなく、死因第1位は「自殺」になるでしょう。

 

 

「どうせ自殺するなら、他人を無差別に巻き込んでから死ぬ」

と考える人も今以上に増え、治安の悪化は免れません。

 

 

よって、ストレス解消の道具になることはなく、むしろ自殺者が増えることになります。
銃の所持が日本に良い影響をもたらすとは、到底考えられないことなのです。

 

 

銃を車に例えてみる

仮に、銃を「車」に例えてみると、一番しっくりくると思います。

1. 所持・使用には免許が必要
2. 免許を取得すれば、誰でも使うことができる
3. その気になれば、人を簡単に殺すことができる

この3つの中で、銃と車の違いは「簡単に人を殺せる」という点。

 

 

車でさえ、無差別に人を轢き殺してしまった事故が、連日報道されているのが現状です。

 
もし、銃を所持できたとして、今以上に悲惨な事件が報道される未来は、容易に想像できます。

 

 

まとめ

もし、日本が銃を所持できる国になったとしても、銃を所持したくないと思う人が大半でしょう。

 
所持するメリットを一切考えられませんし、一切感じられません。

 

 

知り合い全員が銃を携帯していたとしても、大抵の人は銃を持ち歩くことはありません。
これは私の理想論ですが、指先1つで人を殺せる道具は、この世にあってはいけない。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.