発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

雨音について 発達障害の私が落ち着く音

投稿日:

子「帰る!」

母親「ん?」

子「帰る!」

母親「んんんん?」

子「帰りたい!」

母親「無視」

母親と公園に来ていた、障害のある男の子が訴えていた。

「帰りたい」と意思表示をしても、帰宅拒否。

母親は「せっかく来たんだから」と曖昧な返事を繰り返して、男の子の主張を聞きません。

公園で遊ぶ幼児の甲高い声や、光の刺激といった感覚過敏で疲れるんだろうな。かわいそうに。

親のエゴを押しつける、立派な虐待に思えた。

 

 

その日の午後、雨が降り始めました。

公園での親子のやり取りを見てイライラしていましたが、雨音が不思議と落ち着き、怒りをかき消してくれました。

雨粒が肌に触れたり、激しく降るザーザー音が苦手という発達障害の人は多いですが、私は雨音が好きなほうです。

 

 

雨の音を聞くと自然と落ち着く、雨の日は嫌だけど雨の音は悪い気がしない、という方は結構いるのではないでしょうか。

 

 

巷では「雨音で落ち着くのは鬱になっているから」とも言われることがありますが、雨音でリラックスできるのは、いくつか理由があることがわかっています。

 

 

今日は、雨音を聞くと落ち着く理由について、お話しようと思います。

 

 

 

「1/fゆらぎ」のある自然なリズムを持っているから

増える発達障害 弱者の居場所はどこ? アイキャッチ

1/fゆらぎとは、簡単に言ってしまうと「規則的なものと不規則なものが調和している状態」のことです。

 

 

例えば、波の音や電車の揺れる音、心臓の鼓動、ロウソクの火などですね。

 

 

これらの音は、一定に感じられるようでいて、微かに波のある自然状態に近い音のため、精神的にも負荷が少なく、聞いているとリラックス効果が得られるのです。

 

 

リズムは大きな波がありすぎると、煩雑な印象で落ち着かなくなりますし、かと言って完全に規則的なものも、不自然で窮屈さを感じるものです。

 

 

1/fゆらぎは、たいていは一定を保ちながらも微かに波があるので、緊張も解れるというわけですね。

 

 

また、雨の音は音量が極端に大きくなったり小さくなったりせず、ある程度一定というのも、気持ちが落ち着く一因となっています。

 

 

 

人の活動が穏やかになるから

雨音について 挿絵 発達障害

雨の日は、あまり活動的な気分になれなかったり、敢えて外に遊びに行こうとは思えなかったりしますよね。

 

 

雨が降っている時は、人の活動は穏やかになりがちで、通りを通る人も少なくなります。

 

 

すると、日中に感じている喧騒から逃れられるため、リラックスしやすくなったり、余計な音にイライラして気分が悪くなることもなくなります。

 

 

私達は、雨の日は外が静かになることを経験で知っていますから、雨音を聞いただけで「これから静かに過ごせそう」と、無意識のうちに安心感を持てるのです。

 

 

 

水の癒やし効果を感じ取っているから

雨音について 発達障害 挿絵

を飲んだり揺れる水面を見たりして、心が癒やされた経験があるという人は多いでしょう。

 

 

胎児の頃には水に囲まれていたり、体中を流れている血液も要は水分ですから、水と生命は切っても切れない関係にあります。

 

 

そして、水そのものがヒーリング効果を持っているため、雨の音も聞いていると、自然に精神が浄化されていくような感覚になっていくのです。

 

 

 

 

以上、雨音を聞くと落ち着く理由の紹介でした。

 

 

雨の日はジメジメとして、憂鬱でもありますが、落ち着いてのんびりするにはうってつけの日ですね。

 

 

天気が悪い時は、何か活動をするのを控えめにして、心を休めることに集中してみるのも良いかもしれません。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2020 All Rights Reserved.