発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

「死にたい」疲れたなら休め! 発達障害の私の備忘録

更新日:

今日も来てくださった読者の皆様、いつも読んでくださり本当にありがとうございます。

早速ですが、入院することになりました。

大丈夫です。大丈夫です。ご心配ありがとうございます。

身体がエンタシスになったので、頭を冷やしに入院してきます。

 

 

しばらくの間、記事の更新はできませんが、このページは備忘録として、メモ帳のような感覚でつぶやいていこうと思います。

 

 

フリースペース。

もしかしたら、不快になる表現もあるかもしれません。

心配な方は、遠慮なくブラウザバックしていただいて構いません。

大人の発達障害 死にたい 疲れたら休め

もっと早く死ねばよかった

「今欲しいものは何ですか?」と聞かれて

「とどめ」と答えました。

 

 

無意味な治療に、金ばかりが飛んでいく。

 

 

虚しい。苦しい。もっと早く死ねばよかったと後悔。

 

 

確実に死ねる方法があれば、喜んで実行するんだが。

 

 

「安楽死」という思想を創造した人は偉大だと思う。

この言葉に出会えて良かった。

 

 

この選択肢がなかったら、私は幾度も、今以上に自傷行為を繰り返していただろう。

大人の発達障害 死にたい 疲れたらやす

 

 

「何故そんなに死にたいんですか?」と聞かれたので

「人は欲が尽きないからです。」と答えました。

 

 

病気や障害は無論のこと。
何より怒りに飲み込まれそうな時が一番苦しい。

 

 

ケニーの名言がしみる。
家族に治療をあきらめてもらいたい。
天から見放してもらいたい。

 

 

ただただ命を引き延ばされるのも、苦しいね。

お互い出会わなければ、幸せだった。

 

 

治らない。あきらめる。潔く。
要はその先の行動。

 

 

「一人でシネ」は正論だと思います。
優生思想だの、命の選別だの、ギャーギャー騒ぐと負け犬扱いされてしまう。

 

 

亡くなった人達の屍の上に、泰平を築いていきましょうよ。

人にはそれぞれ「運」ってものがある。

 

 

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2020 All Rights Reserved.