発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

発達障害と適応障害、意思表示を身につけるか否か

更新日:

障害をもつ人が身につけるヘルプマーク、妊娠中の女性のマタニティマークなど、外出する際に援助を必要とする「意思表示」を身につける人がいます。

社会の認知度を広げるため、啓発活動も兼ねているそうです。

 

ですが、神奈川県相模原市の障害者殺傷事件の影響を受けて、意思表示を取り外す人が増えました。

 

「加害者はよくやってくれた」

「彼はヒーローだ」

 

障害者は不幸を作ることしかできない。加害者の発言で、障害者抹消説が支持される風潮になりました。

 

「標的にされるのが怖い」

「座敷牢行きだから」

「身につけても誰も助けてくれないから」

 

行政や援助を受けられないグレーゾーンの発達障害・適応障害者にとって、更に生きにくい世の中となりました。

 

道のど真ん中で倒れない限り、誰も助けてくれない

私自身も、周囲から意思表示を外すよう指摘を受けました。

 

「はい、私は障害者です。」という顔をしないでほしいと言われました。

 

1人身につけて外出したとして、どこの誰が声をかけて助けてくれるか、社会は甘くない。身につけて堂々と出歩くものではないと、注意されました。

 

盲目の人が電車に跳ねられる事故、赤ん坊の泣き声に耳栓を取り出す人、電動車椅子に乗っていた人が踏切に挟まれる事故、現場のギャラリーは普段、どんな目で当事者を見ているのでしょう。

 

 

この間、電車の駅で「これは〜駅まで行きますかっ!?」と、大声で助けを求める女性当事者がいました。

 

私は向かい側のホームだったので、助けられませんでした。求められる周囲の反応を観察します。

 

その女性は車両を転々として援助を求めましたが、ほとんどがスマホユーザー。車掌ですら、誰も見向きをしませんでした。

 

女性は強引に近くの男性陣に問いかけて、何とか聞き出せていました。

 

 

グレーゾーン当事者は、行政の援助を受けられないゆえに、外に出かけざるを得ません。安心は金で買う時代となりました。

 

そもそも当事者が人を助けられない…。大口叩けない。

 

生かされる当事者の命って、何なのかな。

 

海外では、盲目の人が横断歩道で信号待ちしていると、多くの人が当事者の肩に手を添えて、青信号を知らせてくれるというのです。

 

発達障害者は見た目は健常者なので、まず敬遠されるでしょう。そのために援助や意思表示が必要になってくるのです。

 

どこにいても迷惑になるのなら、喜んで安らかに眠れる制度を嘆願するのですが、武器のない日本では、切り捨てられないのが現状です。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.