発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

美容院 発達障害をもつ私の苦手な場所

更新日:

髪の毛がだいぶ伸びてきたな。クセ毛も出てきた。

 

今朝、ドライヤーでブローしながら鏡を見て思いました。

 

さて、どこの美容院にしよう。電話予約するだけでも勇気が要る。

 

オシャレやファッションはもう、十代の頃に沢山させてもらったから。昔に比べて女子力がなくなりました。

 

一応、乙女。人が少ない小さな美容院にしよう。午後の時間帯なら空いてるかな。

 

ストレスは髪にも影響します

高校生の頃、心身共に疲れて髪をむしる自傷行為と、ヘアカラーで茶髪に染めたことがありました。反抗でもあったのでしょう。

 

枝毛に脱毛。髪の毛はパサパサ…ひどく傷んでいきました。

 

鏡を見て、やはり日本人は黒髪が似合うと感じました。

堀の深い顔立ちの外国人は、ブロンドが綺麗です。

染めた色が似合わず、結局元に戻しました。

 

 

ストレスによる「若白髪」も目立ち始めました。

 

後頭部など見えづらい箇所や、集中して生えていた部分白髪を、人に指摘される度にからかわれていました。

 

ちなみに、若白髪は抜かないのが良いそうです。見つけたら根本をハサミで切る。栄養の改善次第で元の髪色に戻るみたいです。

 

逆に抜いてしまったら、その毛根からは白髪しか生えなくなってしまうそうです。

 

毎月毎月、美容師さんとの明るい会話が苦痛なら、いっそ頭を丸刈りにして、フルウィッグを被ろうとまで考えていました。

ヘアカット中はよく、家庭のことを根掘り葉掘り聞かれて不快でした。

 

美容師さんとしては、ヘアカットは接客も兼ねてるんだよね。

 

仕上がりの要望、会話の受け答え、鏡に写る自分、かき分けられる手の感触、置かれた雑誌、周りの客、視線はどのように向けていれば良いのか、体がそわそわして優雅にくつろげず、いつも気が散ってしまいます。

 

出張サービスがあればいいな…。養護老人ホームにならあるわな(プッ)

 

髪型は、その日担当の美容師さんに全て任せます。美容師さんがカットして不似合いな髪型はないだろう。

 

さっぱり軽くなるなら、それでいい。ありがとう。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.