発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

発達障害・社会不適合者の幸せ

更新日:

今日、久し振りに過去の無料ブログを見ていました。

心の蓋を外したありのままの自分がいました。

PVが最も多かった記事をリライトしようと思います。

障害者の幸せ

 

余命宣告されたら、この上ない幸せです。

 

大抵の方はショックを受けるでしょう。

 

生きにくさを強いられた当事者にとっては、重荷から開放される道をつけてくださった。

 

アメリカでアンラクシを選んだB・Mさんのように、吹っ切れたように明るく、笑顔になれそう。不思議と心が落ち着く。それを思えば幸せです。

 

眠りにつく日を、首を長くして待ち望む。

 

薬浸りで無理矢理生かすのは、虐待に思える。

 

仕方なく特別に生かされて、今日もすり減り持ち堪える。

 

誰も関わりたくないと仏頂面。

 

いつまでポジティブ思考を保てばいいんだろう?いつまで耐えればいい?そうまでして「生」にしがみつきたいのか?

 

何も楽しめなくなった。笑えなくなった。人間の皮だけ被った生物みたい。

 

自分と社会の負担を減らすためにシナセテくれませんか。

 

綺麗事はやめて足元を見てください。

 

障害者福祉は、「身体障害」だけの枠にしてください。発達・知的・精神は、日本では手遅れです。

 

奇声は生きにくさの叫び。どうか切り捨ててください。アンラクシさせてください。本懐を遂げさせてください。

 

切り捨てた当事者達の屍の上に、健常者の泰平を築いてください。

 

十分生きた。もう十分生きたから。

-大人女子の発達障害
-, ,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.