発達障害・社会不適応の大人女子ブログ

発達・適応障害で境界線が曖昧な大人女子の胡蝶の夢

今日も一生懸命頑張るあなたに、お疲れ様です。

大人女子の発達障害

ハーバリウム 発達障害があっても楽しめそうな趣味

投稿日:

今日は、眺めているだけで癒される「ハーバリウム」について綴ろうと思います。

 

ハーバリウムとは何か〜その効果や作り方を紹介〜

ハーバリウムとは

販売されているものや道に生えているものにかかわらず、花というのは人の心を癒す効果があります。

 
しかし、その花自体は永久ではありません。 いつか枯れてしまうものです。

 
その儚さにも魅力があるものなのですが、やはりずっとその美しさを手の中に置いておきたいという思いがある方もいらっしゃるかと思います。

 
特に、自分で種から育てたような花に関しては、そういう思いが強くなるものではないかと思います。

 
そこで今回、ご紹介させていただきたいのが「ハーバリウム」です。

 
ハーバリウムは、その花の美しさの魅力をより高め、半永久的に保存することが可能です。

 

 

 

 

 

ハーバリウムってどんなもの?

 

ハーバリウムとは、端的に言えば花をガラス瓶などに詰めたものです。とはいっても、生の花をそのまま詰めるわけではありません。

 
いわゆるドライフラワーに加工したものを瓶に詰めるのです。そうすることで、花の美しさを永久的に保存することが出来ます。

 
また、コレクションとして収集することもできるので、趣味性が非常に高いです。

 
今、インスタグラムなどのSNSでブームになっている事もあり非常に注目されています。
一般販売されているものもありますが、ハーバリウムの面白いところは自分で製作できてしまうという点です。

 
ですので芸術として楽しむことも出来ます。生け花とはまた異なりますが、季節の花を彩り愛でるという点では共通しているかもしれません。

 
SNSで話題になっているからといって、絶対に世に公開しなければならないというわけでもありません。

 
…一人でひっそりと楽しむこともできます。

 
ハーバリウムは、作る過程からコレクションするまでに至るまで、癒しを体験させてくれるので大変おすすめです。

 
ハーバリウムは女性が楽しんでいる場合が多いですが、男性がやっても全く問題ありません。
今まで花に興味がなかったという人であっても、新しい感性を見つけることができるので大変おすすめです。

 

 

ハーバリウムの効果

ハーバリウムを趣味にすると、様々な効果が出てきます。

 
例えば、これは個人差にもよるかもしれませんが、部屋を散らかさなくなります(プッ)
なぜかと言うと、ハーバリウムを飾るために部屋を綺麗にしなければならないからです。

 
これは、他のコレクション系の趣味にも言えることですが、特にハーバリウムは美しさが重要であるため一層、整理整頓を心がけるようになるのです。

 
次に、これはスピリチュアルなことなのですが、心に余裕が生まれます。

 

花をどのようにして美しく表現するか考えていると、心や頭の中にある鬱憤は自然と消えていきます。

 
文字通り心が洗われるというわけです。あまり花に詳しくないという人であっても、花に触れると自然と心が穏やかになります。

 
そして、色彩感覚が研ぎ澄まされます。

 
どのように美しさを表現するかと考えるということは、色の配置を意識しているということに他なりません。

 
料理の彩りを考えることと似ているかと思います。そうやってハーバリウムにおける彩りを考えることで、自然と色彩感覚が研ぎ澄まされていくのです。

 

 

 

ハーバリウムはどんな人におすすめ?

ハーバリウムはまず、何か新しい趣味を始めたいという方におすすめです。

 
なぜかと言いますと、お金をかけずに始めることができるからです。

 
趣味といっても、案外お金をかけるものが多いです。特にスポーツ系の趣味は万単位でかかります。

 
しかし、ハーバリウムであれば数千円以内で始めることができるのでお手軽です。

 
そして、日頃ストレスを抱えているという方にもおすすめです。

 
ストレスというものは完全になくすことはできませんが、大きくなりすぎると体にも不調が現れます。

 
ハーバリウムは、眺めているだけでも心を癒してくれる効果がありますし、自ら制作する場合はその過程において没頭していくので、日ごろの悩みを忘れさせてくれるのです。

 
また、お子さんがいらっしゃる方にもおすすめです。

 
ハーバリウムは様々な花で制作することができるので自由度が高く、お子さんの芸術センスを磨くことが出来ます。

 
子供のうちから芸術的な制作に触れておくと、心に余裕が生まれるので教育にも良いのです。

 
案外、家族で楽しむことのできる共通の趣味というのはなかなか無いものなので、こういった手軽な趣味というのは結構便利なのです。

 

 

 

 

ハーバリウムに必要なもの:ガラス瓶

ハーバリウム用ガラス瓶 お写真
まずはじめに用意すべきなのが、ガラス瓶です。

 
プラスチックの容器だと雰囲気が出ないので、透明でかつ美しさのあるガラス瓶の方がハーバリウムには向いています。

 
「プラスチックに比べると割れやすいのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
プラスチック容器の場合は、長期間の保存に耐えられず変形してしまうことも多いので、ハーバリウムには不向きなのです。

 
その点、ガラス瓶は半永久的に形を保つことが出来ます。そのため、ハーバリウムにおいてはガラス瓶が必須であると言えるのです。

 
用意するガラス瓶の中でもおすすめなのが、細長いタイプのスリムボトルです。

 
その理由としては、スペースをとらないため多く購入しておけるという点です。

 
また、多くの種類の花を少しずつハーバリウムに利用できるという点においても、スリムボトルは便利だといえます。

 
また、最近では100円ショップで様々な形を模したガラス瓶が販売されています。

 
たとえば「電球型ボトル」は、多くの方の目に留まるのではないでしょうか。
そして、ヴィンテージショップなどで販売されているようなガラス瓶で制作すると雰囲気が抜群に出ます。

 
しかし、こちらの場合は値段が少々かかってしまうので注意しましょう。

 

 

 

 

ハーバリウムに必要なもの:ドライフラワー

ドライフラワー お写真
そして主役ともいうべき花も重要です。

 
お手軽に作りたいというのであれば、ドライフラワーを購入するとすぐにハーバリウムを完成させられます。

 
ドライフラワーは花を乾燥させたものなので、そのままでも長期的な保存が可能です。
事前に購入しておき、時間ができたときに制作することが可能なのです。

 
花に触れたことがあまりない人にとっては、ドライフラワーがどのくらいの値段のものなのか、不安に感じるポイントではないかと思います。

 
私が確認した限りでは、大体1500円前後で結構な量を購入することができます。

 
事前にたくさん購入しておきたいという場合は、数種類の束がセットになっているものを購入しておくと良いでしょう。こちらであっても値段は大体3000円~4000円ほどなので、そんなに高くはありません。

 
購入の際は、実店舗よりもネットショッピングサイトを利用したほうが安い場合が多いです。
しかし、ドライフラワーも季節物なので、欲しい種類の物の入荷時期がずいぶん先であるということが結構あります。

 
そのため、事前に自分の欲しい花はどの季節の花なのかを確認しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

ハーバリウムに必要なもの:生花

 

 

ドライフラワーでなく、生花でハーバリウムを制作したいという方もいるでしょう。

 
生花の場合は少々難易度が上がりますが、それでも難しいものではありません。

 
自分が育てたものをハーバリウムに利用するのは結構楽しいです。もちろん、買って来た花をハーバリウムに利用しても問題はありません。愛着の度合いが強いのは前者ですが、時間のない人にとっては1から育てた花でもってハーバリウムを制作するというのはかなり難しいものです。

 
生花を使う場合は、購入する際は実店舗の方が良いでしょう。

 
その理由は、単純に日持ちしないからです。

 
ネットショッピングサイトで購入した場合、仕事などでなかなか受け取れないという場合も少なくないでしょう。
きちんと考慮してくれる店舗であったとしても、花自身はそうはいきません。
1日や2日程度であったとしても、花によっては枯れてしまうということは少なくないのです。

 
そのため、実店舗で自ら見て確認し、そして気に入ったものを購入するほうがはるかに安全です。

 
更に言えば、店員の方と相談した上で購入することができるので失敗も少ないといえます。

 

 

 

ハーバリウムに必要なもの:乾燥剤

生花を用いてハーバリウムを制作する場合、生花をドライフラワーに加工する必要があります。

 
そのときに必要となるのが、乾燥剤です。

 
クッキーなどに入っているシリカゲルが一般的ですね。この乾燥剤を用いてドライフラワーにしていくわけです。

 
ドライフラワーは、美しさと保存性の両方を兼ね備えていなければなりません。

 
そのため、単純に干して乾燥させた物はドライフラワーとは言わないのです。乾燥剤を使うと、言い喩えるなら「花が枯れずに乾燥した」状態になります。ですので色彩はそのまま保たれるのです。

 
ドライフラワー用の乾燥剤は、なかなか一般の店舗では販売されていません。

 
花屋などに行けばあるかもしれませんが、それでも確実とはいえません。

 
ハーバリウムを生花から制作する人たちは、ネットショッピングサイトでドライフラワー用の乾燥剤を購入していることがほとんどだと言えます。

 
大体1キロ前後で販売されていることが多く、値段も1500円前後で購入できるのでそこまで高額ではありません。

 
押し花をハーバリウムとして利用するという手段もありますが、色合いはやはりドライフラワーのほうが圧倒的に良いです。

 

 

 

 

ハーバリウムに必要なもの:保存液

ハーバリウム シリコーンおいⅬ
ドライフラワーをガラス瓶に詰めることでハーバリウムが完成するわけですが、ただガラス瓶に放り込めばよいというわけではありません。

 
この際に必要となるのが、保存液です。

 
保存液によって外部に存在する雑菌の進入を防ぐことができるため、長期的な保存が可能となるわけです。

 
この保存液には、主に2種類存在します。

 

1つ目は、流動パラフィンというものです。

 
流動パラフィンは比較的安価で、非常に手に入りやすいです。一部のベビーオイルの主成分でもあるため、そちらを保存液として使用するという方法もあります。

 
しかし、デメリットも存在します。それは、白くにごってしまうことが多いという点です。
基本的には無色透明なのですが、オイルはその季節の温度などで変質し、色合いが保てなくなることもあるのです。

 
2つ目は、シリコーンオイルというものです。
シリコーンオイルの良い点は、引火点が高温であるという点です。300度で引火するため、ちょっとやそっとの火事の原因などにはなりえないのです。

 
更に流動パラフィンとは違い、気温によって白くにごるということもありません。
問題は値段の高さなのですが、1Lであれば数百円ほどの値段差しかありません。
流動パラフィンは大体1000円前後、シリコーンオイルは大体1500円前後で購入できます。

 
ですので、シリコーンオイルを購入することをおすすめします。

 

 

ハーバリウムの作り方その1

ハーバリウムを制作する際に注意しなければならないのが、ガラス瓶の中に雑菌を入れないという点です。

 
雑菌が存在していたり、あるいは汚れが付着したままである場合はカビの発生につながる恐れがあります。

 
カビが発生してしまうと当然美しさも保てなくなるため、すべてが台無しになってしまいます。注意しなければなりません。

 
では、どのようにして進入を防ぐのかと言うと、ガラス瓶を徹底的に消毒するのです。

 
まず、ガラス瓶を熱湯で消毒します。これは果実酒などを造るときと同じ要領で思っていただければ良いです。

 
そして消毒し終えたら、徹底的に乾燥させます。

 
できれば食器乾燥機を使うほうが安全です。天日干しですと、外部から雑菌が進入してしまう可能性があります。

 
食器乾燥機がない場合は、ドライヤーを用いて乾燥させるのも良いでしょう。

 
乾燥が終わったら、アルコールで再度消毒して完成となります。

 
かなり徹底していますが、怠ると結構危険なのです…。

 

 

 

ハーバリウムの作り方その2

そして、ドライフラワーを作っていきます。

 

 

購入したドライフラワーを用いる場合は、こちらは飛ばしていただいて結構です。

先述のように、自然乾燥よりも乾燥剤を用いて作るドライフラワーの方が色合いも鮮やかなので、そちらをご紹介していきたいと思います。

 
まず、密封可能な容器に乾燥剤を3~4cmほど入れます。

 
このときの容器はプラスチックなどでも構いません。

 
乾燥剤を入れ終えましたら、その上に花を入れていきます。
なるべく縦に入れると良いです。根の方を下に、花のほうを上にしてあげると花は傷つきにくいです。

 
花を入れ終えましたら、今度は乾燥剤を上から降りかけるように入れていきます。

 
一気に入れてしまうと花が折れてしまう可能性があるので注意してください。少しずつ入れていき、花のバランスを保ってあげましょう。

 
そして、花が乾燥剤に埋まるような状態になったら蓋を閉めて保存します。このとき、置いておく場所は日光が当たらない冷暗所が良いです。

 
日光が当たると花が枯れてしまい、美しさが保てないのです。

 
約1週間ほどおいておくと、ドライフラワーが完成します。

 
なお、このときに使用した乾燥剤はフライパンなどで熱してあげると再度利用することができます。

 

 

 

ハーバリウムの作り方その3

ドライフラワーをガラス瓶の中に入れていきます。
このとき、適当に入れるのではなく色合いを良く考えて入れましょう。

 
何も考えずに入れてしまうと「ガラス瓶の中に雑草が漂っているだけのもの」になってしまうため悲惨です。

 
初めて作る場合は、インスタグラムで人気のあるものを見本にしてにみましょう。

 

 

いきなり自分のイメージでのみ作るというのはかなりハードルが高く、かなり難しいものです。

 
色合いを考える上でおすすめなのが、各国の国旗を参考にするという方法です。

 
複数の色が使われている場合、色合いが美しく見えるようにデザインされている場合が極めて多いです。

 
特に、花の色の中でも比較的多い「緑」「赤」のような色を用いた国旗を参考にすると一層分かりやすいです。

 
ファッション誌なども、色合いを考える上では参考になります。たとえば「トリコロール」と呼ばれる「赤」「青」「白」の組み合わせは定番です。

 
このように、花の組み合わせを考える上で重要な色合いにおいては身の回りに参考となるものが沢山あります。

 
そういったものを見つけて制作すると、美しいハーバリウムを作りやすくなります。

 

 

 

ハーバリウムの作り方その4

ドライフラワーを入れ終えたら、保存液をガラス瓶の中に入れていきます。

 
量は溢れかえらない程度、なおかつギリギリまで入れると長期的な保存が一層可能となります。

 
ドライフラワーを完全に入れ終えてから保存液を入れるというのが一般的なやり方ではありますが、実はもう一つの方法があります。

 
それは、保存液を少しガラス瓶に入れ、そしてドライフラワーを入れて、また保存液を少し入れてを繰り返すという方法です。

 
こうする事で、ハーバリウムにおけるデザインの幅が一層広くなるのです。

 
また、この方法だと初心者であってもドライフラワーを配置するバランスが簡単なので、おすすめです。

 
しかし、この方法を用いる場合はかなり時間がかかります。
また、長時間ガラス瓶を開けっ放しにしてしまうので雑菌やカビが進入するリスクも高くなってしまうのです。

 
そのため、「ドライフラワーを入れた後に保存液を容れ、後は運任せ」という方が多いようです。少し乱暴な気もしますが、運も楽しめる要素の一つだと言えます。

 
どうしても配置にこだわりたいが時間をかけたくないという場合は、保存液を入れた後にピンセットを用いてドライフラワーのバランスを調整すると良いでしょう。
このとき、ピンセットの消毒も忘れないでください。

 

 

 

ハーバリウムの作り方その5

後は蓋をしてしまえば完成、と言いたいところですがハーバリウムはいってみればオブジェです。

 
飾るまでがハーバリウム制作であるといえます。

 
設置する際、おそらくラックや本棚の上など高所に置くことが多くなるかと思います。
そのほうが見栄えも良くなります。

 
しかし、そのときに注意点が一つあります。それは、落下によって破損してしまう危険性です。

 
ガラス瓶なので、落下によって割れてしまうので大変危険です。

 
高所に置く際は、なるべく壁側に置き落下しづらい状況を作ってあげることが重要です。
また、両面テープのようなものをガラス瓶の底に張っておき、ハーバリウムを固定するという方法もあります。

 
固定してしまえば落下のリスクはかなり小さくなるため、安全性も増します。

 
両面テープで汚したくないという場合は、ハーバリウムを重い本などで挟み込んでしまうという方法もよいでしょう。

 
特に本棚に飾るのであれば極めて自然に見えますし、また無機質な本の中に飾る色合いのあるオブジェとしても華やかな雰囲気を演出してくれます。

 

 

 

ハーバリウムに向いている花1:バラ


ハーバリウムに利用する花の中でもポピュラーなのが、バラです。

 
花を知らない人でもバラと聞くと「大輪で美しい」というイメージがあるものと思います。

 
実はバラは、様々な色の種類があります。赤いバラは有名ですが青や白、黄色など多色に富んでおりハーバリウム向けなのです。

 
ドライフラワーに加工すると、大きさも小さくなります。他の大きな花の場合はしぼんでしまって美しさも半減するのですが、バラの場合はそういったことは無く、小さくなりながらも美しさはそのままです。

 
可愛げもあるのでバラはおすすめです。

 
また、かなり高額になりますが珍しい色のバラを用いるのも面白いです。

 
バラはポピュラーな花であるがゆえに交配が頻繁に行われています。そのため普通の花ではなかなか無い色のものも存在するのです。

 
たとえば黒や紫のバラをハーバリウムにすると、独特の個性とちょっとした怖さを演出することができます。

 
ちなみに、こういった珍しい色のバラは数千~10000円前後するのでかなりの出費を覚悟しておく必要があります。

 
初心者なら、生花以外にもドライフラワーとして加工された状態のものなら1000円前後で購入できます。

 

 

 

 

ハーバリウムに向いている花2:アジサイ

アジサイ
アジサイもまた、ハーバリウムにおいては人気の花の一つです。

 
アジサイは一見すると、かなり大きな花に見えます。これをドライフラワーに加工するのはかなり難しいように思えます。

 
しかし、そうではないのです。アジサイは小さな花がまるで花束のようにかたまって生えている種類の花です。いわゆる群生というものですね。

 
ですので、この中から数個の花を選んで摘み取り、ハーバリウムへと加工するというわけです。

 
アジサイは古くから人々に愛でられ、楽しまれている花なので比較的どこでも見かけます。
稀に自生しているものがあるようです。

 
アジサイは青系の色から紫、ピンクよりの赤と色の種類自体はさほど多くはありません。
しかし、わずかな色合いの違いだけで全く異なって見えるという特徴もあるのが面白いところです。

 
アジサイは、ちょうどこの6月~7月にかけて開花していきます。
まさに今が旬ですね。

 
梅雨の時期に開花する花なので、水との相性も良いため液体につけるハーバリウムとの相性も抜群です。

 
ハーバリウムは花の美しさを半永久的に保つためのものではありますが、季節感を意識して制作することも非常に大切です。

 
特に生花で制作する場合は、季節感はかなり重要な要素なのです。

 

 

 

 

ハーバリウムに向いている花3:カスミソウ

お写真…探しています。すみません。

 
あまり一般的ではありませんが、カスミソウという花はハーバリウムに適しています。
カスミソウは、小さく真っ白な花を咲かせます。

 
小さい花というのは、瓶に入れて保存するハーバリウムにおいては非常に扱いやすいのです。

 
花弁が大きいと、そのバランスを保たせるにも一苦労します。
また、瓶に入れようとしても入らないというようなトラブルが起こってしまう可能性もあるのです。

 
ですので、カスミソウのように小さな花というのは、ハーバリウム向けであるといえます。小さいままであってもきれいで可愛いのも良い点です。

 
カスミソウは、いわゆる一年草です。比較的手に入りやすいという点もあります。

 
また、耐寒性のある花です。かなり育てやすい花なのです。

 
そのため、初心者が生花からハーバリウムを制作する際に利用するにはピッタリの花だといえます。

 
育てやすい花なので、1から育ててハーバリウムにしてみるのも良いですね。

 
カスミソウは一年草ですが、日が長ければ長いほど開花が促進されます。ですので、これからの季節に最も長く開花する花なのです。

 
開花時間が長いと、それだけ摘み取ることのできるタイミングを計りやすくなります。
なので、忙しい日々を過ごしている方でもハーバリウムに用いる際にも扱いやすい花なのです。

 

 

 

 

ハーバリウムに向いている花4:千日紅

せんにちこう
メジャーではありませんが、千日紅という花もハーバリウム向けの花です。

 
花そのものは小ぶりですが、茎が非常に長く1メートル近くまで伸びることも少なくありません。色合いは紫がかっており、可愛げのある花です。

 
茎が細く花も小ぶりなので、茎をある程度残した状態のものをドライフラワーに加工してハーバリウムにすると、結構迫力が出ます。

 
また、近縁種のキバナセンニチコウもハーバリウム向けです。こちらは別名「ストロベリー・フィールド」と呼ばれています。
その名の通り花がイチゴにそっくりで、コレが咲き誇っているとまさに一面イチゴまみれです。

 
ドライフラワーとして古くから利用されているだけあって、比較的安価で手に入りますし、また流通数も抜群に多いです。

 
花自体も園芸用の花として親しまれており、夏の暑さにもかなり強いため、日本の気候に適した花であるといえます。

 
植える際も、腐葉土を一度混ぜるだけで栄養が足りるので、干鰯などによる追肥が必要なく、肥料による「におい」に悩まされることもありません。

 

 

 

 

ハーバリウムに向いている5:桜

佐倉
日本を代表する名花である桜もハーバリウムに適しています。

 
とはいっても、さすがで生花で手に入れるのは難しいですね。もし、近くに桜の木があるという方は、ドライフラワーへの加工から制作してみるのも面白いかもしれません。

 
桜のドライフラワーは、実はかなり流通しています。

 
有名なネットショッピングサイトであれば簡単に購入することができますが、かなり高額です。既にボトルフラワーとして加工されているのがほとんどで、値段は3000円~6000円前後します。

 
そのため、お花見などの際に手に入れる場合が多いようです。

 
とはいっても、無理やり引きちぎってくるわけではなく、桜の木から落ちてくるものをキャッチして、ドライフラワーへと加工するのです。

 
そのため先述のように、手に入れるのは難しいのです。

 
地面に落ちてしまったものは汚れが付着している上、質もガクッと落ちてしまっています。
ですので落ちてくるのを待ち、タイミングを見計らってビニール袋などでキャッチすると良いです。

 
素手でキャッチしてしまうと花が痛んでしまい、色合いが損なわれます。そのため手で触れないように空中で拾い上げる必要があるのです。

 

 

 

 

まとめ

手のひらにハーバリウム お写真

今回は、ハーバリウムについて触れてみました。

 
ハーバリウムは、花の美しさを保つことのできる技術です。オブジェとして飾ると部屋の彩りが鮮やかになりますし、コレクションしていくという楽しみもあります。

 
しかし、1から作るとなるとなかなか大変です。

 
雑菌やカビに気をつけなければなりませんし、色合いを考えて花を配置していく必要がありますが、慣れてくると、そこがまた楽しくなってくるのです。

 
花はもちろんそうですが、ガラス瓶のデザインなども非常に重要になってきます。

 
100均やヴィンテージのボトルも面白いですが、酒瓶も面白いかもしれません。
最近の日本酒は年齢層が若い顧客を取り入れるために、瓶のデザインが秀逸なものがたくさんあります。
一升瓶でハーバリウムを作るというのも、面白いかもしれません。

 
ハーバリウムに用いる花は、今回ご紹介したものだけでなく様々な種類があります。

 
また、道端に生えている花でもドライフラワーに加工してしまえばハーバリウムに利用できてしまうのです。

 
そう考えると、道を歩くだけでも花材を見つけることのできるチャンスが多くあるということになります。

 
ハーバリウムは部屋だけでなく、日々に彩りを与えてくれるものです。

 
ぜひお試しください。

 

 

 

-大人女子の発達障害
-,

Copyright© 発達障害・社会不適応の大人女子ブログ , 2019 All Rights Reserved.